50万円の行方

我が家の近所にパチンコ屋が出来た時の話です。
ちょうど今みたいに桜が舞い散る春でした。

当時は無職でやることもなかったのでチラシを見て通ってみることにしました。
春は引っ越しのシーズンで新規顧客が見込まれるのと新店という事で釘が甘く設定されているのではという目論見があったのです。
実際に行ってみると平日にもかかわらず満員御礼で席の確保もままなりません。
ドル箱もあちらこちらに積み重ねられていて、かなり出玉が良い事が分かりました。

今回、通い詰めるにあたって自分で決めたルールがありました。
それは50万円を元手に毎日の収支をメモすることでした。
まず開店と同時に前日チェックしておいた台を確保して1時間ほど様子を見ます。
まわりの台の出玉を考慮に入れつつ、調子が良さそうならそのまま打ち続けダメそうだったら午前のうちに一回撤退します。
午後は得意な羽物の台を確実に仕留めます。

この程度のやり方でも4月は釘が甘かったせいか、一度座ったら夜までのパターンが続きました。
自分はパチプロになれるんじゃないか!?そんな気分になるほど好調でした。
しかし5月のゴールデンウィークあたりから異変を感じ始めました。
恐らくヒマで何処にも行くことのない客から回収を始めたのだろうと思ったのですが
4月の好調っぷりが忘れられなくてついついのめり込んでしまいます。
ゴールデンウィークが終わればまた元に戻るのではと期待して足繁く通うのですが結果は芳しくありません。

こで作戦変更して1日中ダラダラ打つのを辞めて確実に羽物をモノにしてプラスになったらスパッと帰る作戦です。
しかし午前でプラスになるとやることも他にないせいか、調子の良い台が空いているとハイエナをしてみたくなる衝動にかられてしまい、そのような時は大抵失敗していました。

6月になる頃には明らかに出玉が絞られていることは分かってきました。
収支のメモを見てみると、ほぼ±0になっていました。一時期はスロット軍資金を用意しないと・・・と思っていた時もありましたが、潮時だなと思い就職活動を再開しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>